医療系の求人についての記事を書いています

医療ソーシャルワーカー編

投稿日時:2015-09-07 04:42:44

ちょっと前には「患者の精神的なケア」が注目され、治療への恐怖や不信感を与えないような無痛治療やインフォームド・コンセントを取り入れるのが流行りました。最近、さらにその上をいく対応として、「医療ソーシャルワーカー」が重要視され始めてきています。

医療ソーシャルワーカーとは、病気を抱えた人が社会的に自立した生活を送っていけるよう、あるいは長期の闘病生活を終えた人が社会復帰できるよう、社会福祉の観点から支援する専門家のことをいいます。

病院が単に「病気や怪我を治療する施設」で終わるのではなく、病気という問題を抱えた人の生活を支援する施設として機能できるよう、医療ソーシャルワーカーの需要が高まってきているのです。

医療ソーシャルワーカーについては、「医療ソーシャルワーカー業務指針」という厚生労働省からの通知はありますが、資格や規定はありません。しかし「社会福祉士」の資格を持っていることが、どの病院でもほぼ必須の条件となっています。よって就職・転職する際には、社会福祉士の資格をまず取得することが先決です。

また、個人の診療所などでの求人はほぼなく、大型の病院や地域包括支援センターなどに限られることがほとんどです。

広告

医師の転職

投稿日時:2014-04-16 16:21:44

今日は、医師の転職について書いていきます。近年続く医師不足なども影響して、医師の転職自体はそれほど難しいことではありません。医療に関わりの無い方からすると、医師が何故わざわざ転職をするのか疑問に思うかもしれません。実際、医師不足と言われている割には、転職求人サイトなどでも、医師の求人はそれほど多いようには思えません。では、転職を考える医師は居ないかというと、そういうわけではありません。業務があまりにハードであったりと、医師が転職をするケースは少なくないのです。そういった場合、求人情報を利用することよりも、他の医療施設からの引き抜きや、コネなどで転職をすることが多いそうです。そのため、医療系の求人情報が多くはないのです。

しかし、やはり医療系の職業は他の一般的な企業で働くのとはプレッシャーが非常に大きな仕事なうえ、医師不足も地域や病院によってその差が大きいため、簡単には転職できない場合も多いのです。

広告

薬剤師編

投稿日時:2014-03-18 21:10

医療に携わる仕事というと、たいていの人は、医師を第一に思い浮かべるものです。あるいは、看護師の仕事が浮かぶという人も大勢います。しかし、医療系の職業というのは、医師や看護師だけではありません。医師や看護師は、病院などの医療機関において、患者の治療に当たることを任務としている職業ですが、それ以外にも医薬品に携わるスタッフが必要です。

医薬品・薬剤に関する専門的知識を武器に働いている職業には、薬剤師がいます。薬剤師になるためには、医師や看護師と同じように、国家資格試験に合格することが必要となります。大学において、所定の勉強をした上で、国家資格試験を受けることになるのです。

近年、薬剤師の人気が高くなっています。というのは、病院や調剤薬局だけでなく、街中にあるドラッグストアなどにも、一定数の薬剤師を配置しなければならないためです。スキルを活かす場が多くなったことで、薬剤師の活躍が目立つようになっています。

看護師編

投稿日時:2014-03-11 23:55

医療に携わる職業には、さまざまな仕事があります。たいていは、国家資格試験に合格することが条件となっているため、誰でも就くことができるものではありません。たとえば、看護師という仕事があります。看護師になるためには、国家資格試験の合格と、実務経験などが必要とされています。

医療機関では、医師が中心となって治療を行っているわけですが、医師だけで全ての治療をこなしているのではありません。看護師をはじめとしたスタッフが、全力で医師をサポートしているのです。どの医療機関でも、相当数の看護師を必要としているため、求人の数も多くなっています。特に、近年では男性・女性という性別の枠が取り払われ、看護師として活躍するチャンスが大きくなってきました。医療の仕事に関心を持っている人は、資格試験に挑戦して、積極的に求人に応募していく姿勢を持つことが大切です。

医療の仕事は、人材不足が顕著なので、有能なスタッフが求められています。

医師編

投稿日時:2014-03-04 13:08

医療従事者である医師の給与は、世間一般から見てもかなりの高給であるというイメージは過去の話かもしれません。確かに高給でないといったら嘘になりますが、勤務医の給与はそれほど高いものではありません。

24時間いつでも病院に駆けつけることができるという勤務体制を考えると過酷そのものです。現在、医療の現場では医師の偏りが問題視されています。

地方と都市の医療格差はもちろんですが、医師がたくさんいるはずの都市ですら、医師不足訴える病院が少なくありません。医療が複雑になってしまったことも原因の一つと考えられますが、診療科目によって医師の偏りがあるのです。

例えば、産婦人科は子供の誕生を見届ける場所ですが、その勤務体制の過酷さゆえ勤務を希望するものが少ないのが現状です。そのような場所では、需要がありいくら求人を出しても希望するものは少なく、年がら年中人手が不足している状態です。

医療を提供する側が、選り好みしていると言っても過言ではないのです。

Author

    名前:dai助

    性別:男

    趣味:ネット

記事検索

BACK TO TOP